健康とリーキーガット
アイジー研究所
内山 きよし

私たちの小腸は、バクテリアが住んでいて、バクテリアの出す粘液が腸壁を覆い、化学物質から腸壁を守っています。
腸壁の働きについては、「Regulatory T Cells, Th17 Effector Cells and Cytokine Microenvironment in Inflammatory Bowel Disease and Coeliac Disease」を御参照下さい。

リーキーガットについては次の文献を参照して下さい。
Leaky Gut Syndrome
A Leaky Gut Can Lead to Serious Health Issues

2歳から6歳の幼児の腸はバクテリアの粘液で守られています。

そこに抗生物質や感染菌、酵素などがやってくると、腸内バクテリアを殺してしまいす。すると、粘膜が無くなり、胃酸や酵素などで腸壁が壊れ、血管がむき出しになります。すると、未消化のたんぱく質などが血管に入り、血管中の抗体が検知し、抗体によって異物と認定されると、抗体は活性化されます。

子供の頃に病気の治療などで抗生物質を飲むと、病気は治ります。抗生物質は細菌を殺します。腸を守っている細菌が死にます。
細菌が死ぬと腸内環境が壊されます。 すると胃酸や酵素や化学物質によって腸壁が壊され、微小な穴が開きます。これを「リーキーガットになる」と言います。

リーキーガットになると、腸の穴から食物たんぱく質から漏れ出て、血流に入ります。

つまり、食物たんぱく質が血流に入ります。

血流中には体を守る色々な抗体がいます。抗体が食物たんぱく質を検知し、異物と判断する場合があります。

すると、体の免疫機能が働き始めます。 

体に影響が現れます

どの抗体が働いているかが分かると、異物と認識されている食物が分かります。

「どの抗体が働いているか」を知る為に、IgG検査とIgA検査の抗体検査を試みます。

抗体と結びついている問題の食物が判明します。

問題の食物を食べるのを止めます(ダイエット)。

腸内から問題の食物が血流に入らなくなります。

体の影響が消え始めます。(自閉症の症状が消えます)

腸内環境を良くする努力をして、リーキーガットを無くします。

IgG検査やIgA検査はアレルギー検査では無く、抗体検査と呼ばれています。
この違いを表にまとめてみましょう。

アレルギー検査(IgE検査)  抗体検査 (IgG, IgA)検査) 
IgEのアレルギー症状では ヒスタミンが体内で産生されます。  IgGやIgAのアレルギーでは、ヒスタミンは産生されません。 
 IgEのアレルギーは皮膚テストを行って症状が現れるかどうかを検査します。  皮膚には症状が現れません。 吹き出物は出ます。
 IgEのアレルギー重症ではアナフィラキシーショックを呈します。   アナフィラキシーショックはありません。
 通常、アレルギー検査と呼ばれています。  IgGやIgAの検査は抗体検査と よれています。
 IgEはアレルギー反応、蕁麻疹、くしゃみなどの診断に利用されます  IgGやIgAは慢性疾患、精神障害の診断に利用されます。
   

これを図で描くとこうなります。



さて、IgG抗体検査をした場合の結果をお見せします。

この例は、2歳の自閉症の男子、の例です。
卵の卵白と卵黄がレベルVI、 牛乳・チーズ等の乳製品がレベルVとVIになっています。
この異常に高い値は、リーキーガットから卵と乳製品のたんぱく質が漏れていて、血流に入り、抗体と結びついている事を表しています。






表紙に戻る。